連ドラのキーワードに「セルロースナノファイバー」⁉

今春始まった連ドラに

「人は見た目が100パーセント」があります。

理系女子、女子力が低い女子が東京丸の内で仕事をすることになり、女子力を高めていく、というストーリー。そのリケ女達が製紙会社でセルロースナノファイバーの研究に取り組んでいる、という設定。女性からすると、化粧やファッションなど今時のトレンドの入門編として楽しめそうなドラマです。

セルロースナノファイバーに、反応してしまう側からすると、製紙業界中心にトレンドでも、これを注目ドラマに盛り込むとは、挑戦なのか、コスメ界でも注目だからなのか、新製品のピーアールなのかなどと、驚きとあわせて関心を持っております。

セルロースナノファイバー(CNF)と、化粧品がどんな風に組み合わせられるの?と、思う方も多いでしょう。

CNFは木をとてもとてもこまかな繊維にしてしまうので、水などの液体とも混ざりやすくなります。化粧品に含まれるような油分よりも細かになるので、他の原料ともブレンドしやすいのです。

この特徴を活かして、化粧水やファンデーションに少しCNFを加えるだけで、とろみをもたせたり、肌に浸透しやすくしたり、細かな粒子になってスプレーもできるので、むらなく伸ばしやすくなったり・・・となるようです。


化粧品というと女性ばかりに関係あるのかと思いきや、日焼け止めなどに混ぜれば、スプレーするだけで肌にしっかりついて、ベタベタ感を減らすこともできるでしょう。

臭い成分を吸着する性質もあるので、制汗剤などにも使えるでしょう。

コストの問題がありますが…。


注目の連ドラで、今後CNFが商品化されるまでがあるのかな、などという見方もできそうですよ。

これもきっかけの一つになって、CNF業界がより活性化しますように。

プラス産業株式会社

日本国内では希少となった振動板(コーン紙)を主に製造する音響部品メーカーです。 音を伝える要となる振動板の原料開発から試作、量産まで、自社工場で行っております。 紙を立体に成型する独自の技術を活用し、これまでにない立体紙雑貨、パッケージ等の製造にも取り組んでいます。 https://www.facebook.com/plus.ind/