2016 ISOT 出展

国際文具・紙製品展ISOTに出展

今回は立体紙雑貨のスタートとなった「静岡ぽち」に加え、第二弾「ガクラフト」、

そしてOEMの可能性としての試作品「たまごボックス」をメインに展示しました。

オリジナルパッケージへの展開や、紙製で立体なものが成型できるということで新たな商品開発への企画、またそのものを芯材として活用したい、など様々なご意見やご相談を受けました。 今後の商品開発、ものづくりに活かしていきたいと思っております。

ブースにお立ち寄りくださいました皆さま、ありがとうございました。

プラス産業株式会社

日本国内では希少となった振動板(コーン紙)を主に製造する音響部品メーカーです。 音を伝える要となる振動板の原料開発から試作、量産まで、自社工場で行っております。 紙を立体に成型する独自の技術を活用し、これまでにない立体紙雑貨、パッケージ等の製造にも取り組んでいます。 https://www.facebook.com/plus.ind/